結婚式の服装 男性でオシャレなおすすめは?シャツやネクタイのおすすめは?

結婚式服装男性

友達や、会社の同僚、親族の結婚式に招待されたとき、結婚式を挙げる2人の門出にふさわしい服装を心掛けたいですね。

そして、結婚式は、新郎新婦の親族や友人はもちろん、会社の上司や同僚、取引先の会社からも参加するなんてことも多いものです。

幅広い世代の人が参加する結婚式で、恥ずかしい思いをすることがないように、そして、その中でオシャレを楽しむのがカッコいい大人の男性の立ち振る舞いではないでしょうか?

今回は、結婚式に招待されたときの服装でオシャレに決めるポイントを紹介します。

スポンサードリンク

結婚式の服装 男性でオシャレなポイントは?

結婚式に出席する際の服装ですが、基本のマナーを外してしまうとオシャレどころか、完全に浮いてしまうことも…

まずは、基本の結婚式の服装について紹介します。

結婚式の服装 男性の基本マナーは?

スーツは?

友人や会社の同僚、親族の結婚式に出席するときは、男性のスーツは、ブラックスーツ(略礼装、礼服)が一般的です。

20代や、30代の男性のスーツはシングルが人気です。
ダブルでも構いませんが、30代後半~ダブルのスーツを着る人が多いため、少しオジサン臭くなってしまいます。

最近では、ブラックスーツよりもカジュアルでオシャレなダークスーツ(濃紺、ダークグレー、ブラックスーツでない黒のスーツを含む)を着る人も多くなってきています。

シャツ

スーツに合わせるシャツは、無地の白(ボタンも白)シャツが基本です。

ネクタイは?

スーツとネクタイに合わせるネクタイは、が基本です。

結婚式でしていくネクタイで、黒は柄あってもいくのはマナー違反になりますので避けます。
黒は、不祝儀のときに着けていく気をつけましょう。

靴や靴下は?

靴は黒の革靴を選びます。紐付きのシンプルデザイン(ストレートチップやプレーントゥなど)を選ぶのが基本です。

デザイン穴の開いている革靴(メダリオン)などは避けましょう。

靴下は、無地の黒が基本です。ふくらはぎ程度の長さのある靴下にしましょう。

ストライプ柄の靴下は、モーニング用なのでブラックスーツの時は避けた方が無難です。

スニーカーソックスやショートソックスなどの、くるぶしが見えるものは、マナー違反になりますので避けましょう。

結婚式の服装 男性のシャツのおすすめは?

結婚式に出席する服装の基本は上記に書いた通り、黒のスーツで白のシャツ、白のネクタイ、黒の革靴、黒の靴下が基本になります。

基本はどこに行っても、失礼のない無難な服装なので、面白味やオシャレさがないと思われる人も多いのではないでしょうか?

では、基本を崩さずオシャレなカッコいい服装のおすすめを紹介します。

スーツは?

20代~30代の若い世代には、ダークスーツなどが流行ってきています。
ブラックスーツよりもカジュアルになり、同じような服装をしている他の招待客と違いを作れますし、フォーマルな場でも失礼になりませんので、浮くこともなく恥ずかしい思いをすることもありません。

ダークスーツとは、濃紺やダークグレーのスーツのことです。
深みのある真っ黒でない、ブラックスーツもダークスーツに含まれます。

ストライプが入っているタイプでは、シャドウストライプなら許容範囲になります。

ブラックスーツとダークスーツの違いは?

ブラックスーツは、冠婚葬祭に全般に着ることの出来る礼服(真っ黒なスーツ)です。結婚式にも、お葬式にも使えます。

ダークスーツは、お葬式には着ることが出来ず、結婚式以外(ビジネスやフォーマルな場など)でも活躍の場があるスーツです。

スポンサードリンク

シャツは?

カラーシャツはアリ?

最近での結婚式ではパステルカラー程度の色合いのカラーシャツなら許容範囲とされることが多くなっています。

パステルカラーとは、原色(赤・青・黄・緑など明確な色合い)ではなく、白色が混じったような淡い色合い(桜色・藤色など)

柄はアリ?

結婚式に着ていくシャツは白が基本ですが、無地の柄のシャツを選ぶのもオシャレです。

近づいて初めて分かるぐらいの織り柄の入ったシャツを着ていると、見えないところにまで気配りの出来るさりげないオシャレが出来る大人の男性として好感が持てます。

また、ボタンホールの糸の色をカラーにしているシャツなど、1ポイントのオシャレとして楽しむのもおすすめです。

衿は?

オシャレな男性がこだわるのがシャツの衿型です。
基本は、レギュラーカラーを選びますが、クレリックワイドスプレッドカラーホリゾンタルカラーなどが結婚式などに選ばれます。

レギュラーカラー
衿羽長さ(衿羽の付け根から剣先までの長さ)や衿羽開き(衿の開き角度)が標準的な衿型です。

クレリック
衿やカフスを同種の白無地で作ったシャツ。
聖職者(クレリック)の立ち衿の服に似ているのため、このように呼ばれます。

ワイドスプレッドカラー
衿羽開きが100~120度前後の衿型。
英国のウインザー公が着用していたことから、 ウインザーカラー(俗称)とも言われます。

ホリゾンタルカラー
襟羽開きが180度に近い衿型。
ワイドスプレッドカラーの1種です。

ポケットチーフは?

結婚式などフォーマルな場のオシャレなポイントの1つとして、スーツの胸にポケットチーフを入れるのもオシャレさと華やかさが出ておすすめです。

ポケットチーフも白が基本になりますが、シルバーなど控えめな色や、シャツやネクタイと合わせてコーディネートに統一感を持たせるのもオシャレです。

結婚式の服装 男性のネクタイのおすすめは?

では、シャツと共に結婚式での服装でオシャレさを演出してくれるのがネクタイです。

基本は、白の無地ですが、白のネクタイは年配者が身に付けるとのイメージが強くなってきているため、カラーネクタイを着用する人が増えてきています。

しかし、結婚式などのフォーマルな場ですので、原色のネクタイなどは避けましょう。

オシャレで人気のあるネクタイの色ですが、光沢のあるシルバー高級感もあり、シャツやポケットチーフと合わせやすいのでおすすめです。

他にライトグレー、華やかなピンクなどのパステルカラーのネクタイもも人気があります。

ネクタイの柄は?

ネクタイの柄は、ストライプチェックドット柄など定番なものは結婚式で着用しても許容範囲になりますが、アニマル柄(ヒョウ柄、ゼブラ柄など)は避けましょう

結婚式には年配者もいてますので、派手な柄が入ったものなどは避けた方が無難です。

黒のネクタイはNG!!

黒のネクタイは、「喪服」「不祝儀」を連想させる色ですので、柄が入っていようと着用するのはマナー違反です。

ネクタイピンは?

ネクタイピンをつけるのも、オシャレさを出す1ポイントアイテムになります。
キャラクターものなど派手なものでなければ、さり気なくオシャレさを出すのでおすすめです。

まとめ

男性が結婚式の服装でオシャレさをだすポイントは、

①シャツは、カラーシャツ、衿型、白のシャツなら無地の柄の入ったものを選ぶ。
②ネクタイは、シャツやポケットチーフとコーディネイトして統一感を出す。
③ポケットチーフやネクタイピン、カフスなど小物を積極的に利用してオシャレさを出す。

です。

結婚式の服装で1番大切なのことは、オシャレさを追求して新郎新婦や主賓よりも格上(目立たないように)心掛けることです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ