紫外線対策は男性も必要なの!?頭皮への影響は?薄毛の原因にもなるの?

紫外線対策 男性

男性の小麦色の肌は、健康的に若々しく見えるものですね。

ですので、「夏になると思いっきり日焼けをするぞ!」なんて方も多いのではないでしょうか^^

でも、男性だからと言って紫外線対策しなくて大丈夫ですか?

実は、紫外線を浴びることで、男性特有の悩みである、抜け毛・薄毛の原因になっているかもしれませんよ Σ(゚д゚lll)ガーン

今回は、男性の紫外線対策について、頭皮や薄毛への影響についてご紹介します。

スポンサードリンク

紫外線対策は男性も必要なの!?

多くの男性は、女性に比べてお肌の保湿などのケアをしないことが当たり前ではないでしょうか?

紫外線に当たっても、「肌が黒いと健康的に若々しく見える」などと気にすることが少ない方も多いものです。

しかし、太陽から放射される紫外線を浴び続けることは、人間の体に悪影響を及ぼすことが多いんですよ (゚Д゚;)

ですので、男性にも紫外線への対策は必要なんです!というよりも、実際は、女性よりも男性のほうが必要なんです。

では、なぜ紫外線への対策が必要なのかをご紹介しますね。

>>>紫外線対策についてもっと詳しく知りたい方はコチラへ!

男性に紫外線対策が必要なのはなぜ?

人間の肌は、紫外線や外部から刺激からのダメージを防ぎ、お肌のハリや潤いを守ってくれる「角質層」という薄い膜で覆われています。

この角質層は、お肌をゴシゴシと洗ったり、拭いたり、擦ったり、また、髭剃りなどで簡単に傷ついてしまいます。

本来は、角質層を守るために、美容液で保湿などを行いケアすることが大事なのですが、
多くの男性は、普段から肌ケア(保湿など)をきちんとしない方が多いものです。

男性は、紫外線や外部からの刺激などのお肌へのダメージを女性よりも受けやすいのです。

さらに、日常的に化粧をする女性は、ある程度紫外線から肌を守ることができますが、化粧をしない男性は、紫外線からのダメージを直接にお肌に受けてしまいます。

ですので、男性は女性に比べ、お肌のバリア機能も低く、紫外線を直接浴び続けていると、蓄積されたダメージが、許容量を超えると、シミやたるみなどの「光老化」現象が、一気に進んでしまいます。

「光老化」とは?

紫外線は、お肌の奥(真皮)まで届き、浸透した紫外線は、肌にハリや潤いを与えるコラーゲンなどを破壊したり、皮膚に炎症を起こしたり、しわたるみなどを年齢に関係なく引き起こす原因となります。

このように、年齢に関係なく紫外線によって引き起される肌の老化現象のことを「光老化」と言います。

日光などにあたると、肌がこんがり焼けますが、これは肌が紫外線を浴びるたびに受けるダメージから、肌を守るためにメラニンが生成されるためです。

したがって、肌が紫外線のダメージを受けることによって、健康な細胞がどんどん弱っていってしまいます。

夏場など紫外線量が増えますので、肌への負担も増えてしまいます。

また、海やレジャーに出かけることも増える時期ですので、普段よりも紫外線を浴びる量が一気に増えますので、日焼け止めなどを塗ることで、紫外線を浴びる量を減らすことをオススメします。

上記で少しご紹介した通り、男性は女性に比べて紫外線などのダメージを受けやすい方が多いため、しっかりと紫外線対策を行うほうがよいのです。

紫外線の頭皮への影響は?

上記では、紫外線がお肌に与えるダメージについてご紹介しました。

一般的に、よくヒリヒリと日焼けする顔や腕、首の後ろなどが、紫外線をよく浴びる部分と思われる方が多いのですが、体の中で一番紫外線を浴びる部分は、【頭皮】なんです。

意外ですよね?

髪の毛が、頭皮を紫外線からガードしていると思われる方がとても多いのですが、肌の奥まで浸透する紫外線の浸透力は、髪の毛も突き抜けてくるんです Σ(゚Д゚)

頭を紫外線から守るには、日傘などさし直接紫外線を遮るのが、一番良いのですが、男性ではなかなか日傘をさして移動することは難しいものですね ^^;

ですので、紫外線量の多い時期(4月~10月)は、できるだけ帽子を被るなどして紫外線対策を行いましょう。

また、仕事などで帽子などを被ることが出来ない方も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

その場合は、スプレー式になっている日焼け止めも市販されていますので、髪の毛に散布するなどの対策をとりましょう。

頭皮に使えないタイプのスプレーもありますので、購入の際には確認がしましょう。

日焼け止めスプレー(髪)
SPF50+PA++++/napla MIEUFA/マグノリアは華やかで上品な甘さなる香りでオレンジフラワー、ジャスミンの香り★日焼け止めスプレー/髪も体にも使える!【日焼け止め スプレー】ナプラ ミーファ フレグランス UVスプレー 【 マグノリア 】 80g 【SPF50+PA++++】

>>>【楽天市場】その他の日焼け止めスプレーをお探しの方はコチラ!
ただし、日焼け止め日焼け止めスプレーなどを頭に使う場合には、注意が必要です。

それは、日焼け止めをその日のうちにキチンと洗い流すことです。

これが出来ない方には、スプレー式の日焼け止めの頭への散布はオススメしません。

なぜなら、日焼け止めをきちんと洗い落とさなければ、頭皮を紫外線から守ることができても、頭皮に負担をかけてしまいますので、結果、紫外線以上のダメージを頭皮に与えてしまうことがあるからです。

>>>紫外線対策についてもっと詳しく知りたい方はコチラへ!

紫外線は薄毛の原因にもなるの?

紫外線は、頭皮への影響が強いことは、上記でお分かりいただけましたでしょうか?
頭皮へのダメージがあるということは、抜け毛や薄毛の原因にもなってしまいます( ;∀;)

紫外線が抜け毛・薄毛の原因になる理由は?

  • 原因その①
    紫外線を浴び続けると、お肌のハリなどを保つコラーゲンなどが破壊される「光老化」によって頭皮が劣化していきます。

    頭皮が劣化することで、過剰な脂や悪玉要素が分泌されるなど、毛穴を詰まらせ抜け毛・薄毛の原因になります。

  • 原因その②
    紫外線を浴び続けると、頭皮が炎症をおこし、日焼けした部分の毛母細胞がダメージを受けたりして、抜け毛や薄毛の原因になります。
  • 原因その③
    紫外線を浴び続けると、お肌を守る「角質層」がダメージを受けて、水分が抜けて頭皮が乾燥します。

    乾燥により頭皮にダメージを受けますので、抜け毛・薄毛の原因になります。

また、紫外線を浴びることによって、頭皮だけでなく髪の毛もダメージを受けてしまいます。

髪の毛を構成しているメラニンを分解し健康な髪の毛を傷めてしまう、たんぱく質にもダメージを与えるため、切れ毛や枝毛などの減少も起こりやすくなります。

男性に限らず、女性にも言えることですが、

紫外線を浴び続ける=頭皮がダメージを受ける=抜け毛・薄毛の原因になる
という方程式が成り立ってしまいますので、紫外線の多い時期はできるだけ帽子などを被るようにしましょう。

【余談】帽子を被ると薄毛になる!?

また、帽子を被ると蒸れるので、薄毛の原因になると言われることが多いのですが、帽子を被って蒸れることが、抜け毛・薄毛の直接的な原因ではありません。

では、なぜこのような噂が出てきたのかというと

帽子を被る

汗をかきやすくなり、頭の中が蒸れる

汗を栄養素とする細菌が増える

頭皮が炎症を起こしやすくなる

炎症によって、頭皮が傷つき薄毛の原因になる

ということですので、細菌が増えないように頭皮を清潔にしておけば必要以上に心配することはないでしょう。

汗のしみ込んだ帽子は最近の温床となっていますので、除菌などをこまめに行いましょう。

また、帽子は締め付けたりすることで、血行が悪くなり、頭皮へは良くないので、少し緩めて被るようにしましょう!

まとめ

いかがでしたか?

今までは、「紫外線は女性が気にするもの」なんて思っていた方も多いのではないでしょうか?
紫外線は、女性だけでなく男性にも、子供にも、お年寄りにも浴びすぎることは悪影響になってしまいますので、できるだけ、帽子を被る、日陰を歩くなどの工夫をしましょう。

>>>紫外線対策についてもっと詳しく知りたい方はコチラへ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ