蚊に刺される人と刺されない人の違いは?刺されないようにするには?刺されたときの対処法は?

蚊刺される

夏になると蚊に刺されて痒い思いをする経験を誰しも持っていると思います。

しかし、蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるのも事実です。
なぜ、刺される人と刺されな人がいるのでしょう?

今回は蚊に刺される人と刺されない人の違い、刺されないようにするにはどうする?そして、刺されたときの対処法を紹介します。

スポンサードリンク

蚊に刺される人と刺されない人の違いは?

蚊に刺されやすい人は?

よく、蚊に刺されやすい人は、

  • 血液型がO型の人
  • 汗かきの人
  • 体臭が強い人
  • 妊婦の人
  • 赤ちゃん
  • 肌の色が黒の人
  • お酒を飲んだ後
  • 運動直後の人(汗をかいている)
  • 黒色の服を着ている人

などよく耳にすることがあります。

これらは果たして本当なのでしょうか?

蚊が人を刺すメカニズムは?

普段花の蜜樹液などを吸って生きています。そして、蚊が人を刺すの時は産卵時に必要な栄養を取るために人や動物の血を吸います。

ですので、血を吸う蚊はメスのみとなります。

蚊が人や動物を判断する(ターゲットにする)のは、汗に含まれる揮発性物質(乳酸やアセトンなど)二酸化炭素体温や湿度を感じ取って血を吸います。

さらに、蚊は白黒の判別しかできず、濃い色(黒や紺)を好みます。

蚊に刺されやすい人は、基礎体温が高く汗をかきやすい人運動直後で呼吸が大きくなってる、基礎代謝が高い人(妊婦、赤ちゃん、飲酒後など)肌が黒い黒っぽい服装している人です。

なので、「蚊に刺されやすい人は?」で紹介した人は、本当に蚊に刺されやすい人に該当します

血液型がO型の人は、現在の研究では因果関係が認められていないため、ハッキリとはしていません。

蚊に刺されにくい人は?

蚊に刺されにくい人は、基礎体温や基礎代謝が低く、汗をかいていない、白っぽい服を着ている人ということになります。

また、蚊の行動範囲は生まれた場所から15m程度しかありませんので、水場(ベランダの排水管や、小さな水溜り)を無くしたり近づかなければ刺されにくくなります。

蚊に刺されないようにするには?

簡単な対処法

蚊を家に入れない

蚊は窓や、人にくっついて室内に侵入することが多いので、蚊が嫌がるレモンの匂いゼラニウム(アロマでも可)などを網戸などにスプレーする。

家に入る前にカバンなどを払い素早く家に入るのも効果的です。

また、吊下げタイプの虫除けを利用することも効果的でおすすめです。

風に当たる

扇風機やうちわなどを使い追い払います。飛ぶ力が強くない蚊は風が当たると感覚を鈍らせます

BBQなど屋外で長時間過ごす場合は、屋外用の扇風機を利用すると非常に効果的です。

スポンサードリンク

汗を小まめに拭く

蚊は汗に反応して寄ってきます。体を清潔に保つことは効果的です。

夏場はじっとしていても汗をかきますので、濡れたタオルなどを使い小まめに汗を拭きとりましょう。

足の臭いも蚊が好むといわれていますので、気をつけてください。

黒っぽい服を避ける

光を反射するような白っぽい服を着ましょう。

暗い色(黒や紺など)の服は、蚊を寄せつけやすいので避けましょう。

明け方と夕方は注意する

蚊が最も活動的になる時間帯が日中ではなく、明け方と夕方です。この時間帯に外出する場合は、虫除けスプレーなどを利用しましょう。

水場は避ける

蚊は少しの水溜りやベランダの排水管、草むらや池などで発生しますので、出来るだけ近寄らないようにしましょう。

蚊取りペットボトル

デング熱など蚊を媒体とした感染に悩まされているフィリピンで、デング熱を半減させ、大きな成果を上げた「蚊取りペットボトル」を紹介します。

ペットボトルの首の部分を切り取り、水 200ml、砂糖 50g、イースト 1gを混ぜたものを入れて、切り取った首の部分を差込み、軒下などに置きます。

身近にあるもので簡単に作れますので、試してみてはどうでしょうか?

蚊に刺されたときの対処法は?

蚊に刺されたときに感じる「かゆみ」「腫れ」は、蚊の唾液によって起こるアレルギー反応です。

蚊の唾液は、肌を刺した時の痛みを感じないようにする麻酔作用の他に血を固まりにくくする作用など、様々な成分が含まれています。

蚊に刺されたときのアレルギー反応には、「遅延型」「即時型」「即時型+遅延型」のアレルギー反応があります。

遅延型アレルギーの対処法

遅延型アレルギーは、刺されてから1~2日後にかゆみや発疹がでて、赤ちゃんや幼児によく見られる反応です。

遅延型に有効なのは、ステロイド剤の含まれている塗り薬を使用し炎症を抑えましょう

即時型アレルギーの対処法

その名の通り、刺された直後にだけかゆみが発生します。青年期以降に良く見られる反応です。

即時型に有効なのは、抗ヒスタミン剤の含まれている塗り薬を塗り、かゆみを抑えましょう

即時型+遅延型アレルギーの対処法

まず、刺された直後にかゆみが発生し、その後にかゆみを伴う発疹がでます。小中学生の年代によく見られる反応です。

こちらの場合は、すぐに抗ヒスタミン剤の含まれている塗り薬を塗り、夜などにステロイド剤の含まれた塗り薬を塗り、症状を抑えましょう。

市販薬では、同じ名前であってもステロイド剤や抗ヒスタミン剤の配合の割合が違うため、症状によって塗り薬を選びましょう。

まとめ

蚊は6月~10月頃まで活発に行動します。

蚊に刺されると、夏の暑さ+かゆみなどでストレスを感じることも多いので、チョットした対策で蚊に刺される確率はグンと減ります。

少しでもストレスの少ない生活を送るためにも、蚊に刺されないように気をつけましょう!!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ