暑さ対策で窓に効果的なグッズは?フィルムとカーテンで効果的に!

暑さ対策 窓

暑い季節になると外からの熱で部屋の温度がドンドン上がってしまいますね。

クーラーを付けていても窓からの熱で部屋の温度が効率的に下がらずに、電気代がかかってしまいます。

すだれなど室外(窓の外側)に着ける方法も非常に効果的ですが、マンションや賃貸住宅ではベランダが狭く、固定が難しい場合もあるのでは?

今回は、室内で出来る窓の暑さ対策について紹介します。

スポンサードリンク

暑さ対策で窓に効果的なグッズは?

夏場の室内で窓から熱が入ってくる割合が非常に大きく全体の約70%を占めています。

窓から熱が入ってくるのを防ぐことは、夏場の断熱にとって非常に効果的なものになります。

窓からの断熱をするグッズも年々増え続けています。

窓からの熱を防ぐのは、一般的には室外(窓の外側)に、すだれ遮光ネット緑のカーテン(蔓性の植物)などを使うことは非常に効果的な方法です。

しかし、マンション賃貸住宅では、ベランダのスペースや、固定するスペース確保できなかったり、風で飛んでしまわないかなど設置が難しいこともあります。

では、室内で出来る窓の暑さ対策で有効なものを紹介します。

暑さ対策で窓にフィルムは効果的?

窓断熱用の遮熱フィルムなどは窓に貼り付けることで外からの熱を遮断するものです。

最近では種類も様々で、紫外線カットはもちろん、赤外線カットや万が一窓が割れたにも、飛散防止機能マジックミラーになっているものまでもあります。

遮熱フィルムを貼り付けた効果は、貼りつけていない場合と比べて約5℃~7℃程度の温度の違いがでます。

しかも、室内でエアコンをつけた場合も窓から逃げていく熱も防ぎますので電気代の節約節電・省エネに貢献します。

遮熱フィルムを実際使用してみると、体感では窓からの日差しが和らいだことと、エアコンの設定温度を上げても(貼り付け前は25度、現在27~28度)体感的に変わりなく非常におすすめです。

スポンサードリンク

透明タイプのフィルムを貼ったため、部屋が暗くなることもなく、外観も今までと変わりませんでした。

すりガラスには?

窓断熱用のフィルムなどは、「すりガラスには貼り付けできません。」と説明書きがされているものがほとんどです。

これは、設置面が凹凸(ザラザラ)しているため、綺麗に貼りつかない剥がれやすいということで、メーカーは推奨していません。

だからといって、フィルムが貼りつかないということではありません
もし、綺麗に貼りつかない、剥がれやすいということを前提であれば貼り付けることは可能ですし、貼りつけ後の断熱も可能です。

お子様がいる家では、養生テープ(ガムテープと違い、剥すときにネバネバせずに剥がせます)などで端を留めるなどし固定すると剥がれにくく長持ちします

スプレータイプは?

遮熱スプレーも市販されています。
スプレータイプは、窓に振りかけて伸ばすタイプがほとんどで非常に手軽に施工することができ、しかも安価です。

スプレータイプの効果は、体感的にですがあまり効果がないように感じました。エアコンの温度設定も変わることがありませんしたので、こちらはおすすめしません

暑さ対策で窓にカーテンも効果的?

遮光カーテン

遮光カーテンとは、光をカットするカーテンです。
カーテンを閉じると外からも中からも光も遮ります。遮光の等級があります。

遮光カーテンは、日の光を遮ってくれますので、断熱効果としては非常に高い効果を持ちます。

遮光カーテンは閉めると部屋が真っ暗になるため、日中に家にいない人には、帰宅後の室内温度を抑えることが出来ます。

遮光レースカーテン

日中家にいる人には、遮光レースカーテン(ミラーレースカーテン)もおすすめです。
こちらは、紫外線カットはもちろん、太陽光も多少はカットしてくれます。遮光カーテン程ではないですが、遮熱・断熱効果もあります。

遮光レースカーテンは、断熱・遮熱効果はもちろんですが、目隠し効果も高い為、昼も夜も外からの目線もカットできるので重宝してます。

まとめ

夏の暑さ対策で窓からの熱が室内に一番影響を及ぼします。

今回は遮熱フィルムと遮光カーテンをご紹介しましたが、併用すると効果も高いです。

エアコンの設定温度も以前に比べると1~3度高く設定しても大丈夫ですので、夏の電気代の節約節電・省エネにも貢献できています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ