美保基地航空祭2016年の日程や駐車場情報は?ブルーインパルスは飛ぶの?

美保基地航空祭

航空自衛隊が主催する航空祭のひとつ「美保基地航空祭」が2016年も開催されます。

美保基地は、最寄りの駅から降りてすぐの立地にある基地ですので、毎年多くの航空機ファンや、戦闘機を見たい、触れたい人が集まる航空自衛隊の航空祭のとして行きやすい立地として知られており、毎年約6万人もの来場者が訪れる航空祭なんです!

今回は、美保基地航空祭2016年の日程や駐車場情報、ブルーインパルスは飛ぶの?についてご紹介します。

スポンサードリンク

美保基地航空祭2016年の日程は?

日程は?

美保基地航空祭の開催日は、、、

開 催 日:2016年5月29日(日)

開催時間:09:00~15:00(開門 08:30~)

入 場 料:無料

開催場所:鳥取県境港市小篠津町2258

お問合せ:℡.0859-45-0211 内線211

公式HPhttp://www.mod.go.jp/asdf/miho/

美保基地航空祭へのアクセス方法は?

  • 【電車の場合】
    JR山陰本線「米子駅」からJR境線「米子空港駅」または「中浜駅」下車 徒歩約15分
  • 【車の場合】
    山陽自動車道「米子IC」から産業道路(431号線)を約30分
  • 【飛行機の場合】
    米子空港より徒歩約10分

美保基地アクセスマップ

>>>美保基地航空祭2016年のアクセスマップはコチラ!!

岐阜基地の見どころは?

美保基地は【米子鬼太郎空港】と滑走路を共有している、山陰地方唯一の航空自衛隊基地で、C-1輸送機やYS-11P輸送機を配備する西の輸送拠点基地です。

美保基地は、輸送部隊である第403飛行隊と、輸送機パイロットを養成する第41教育飛行隊が置かれているのが特徴です。

美保基地航空祭での見所は、C-1T-400練習機の編隊飛行です。

T-400の編隊飛行は日本では美保基地でしか見ることができない展示飛行だ!

さらに、C-1輸送機での物量投下を展示するのも美保基地だけ^^

航空自衛隊だけが運用を続けているYS-11のフライトや戦闘機をリモートで機動飛行させるプログラムも見られるのも魅力の一つですよ♪

また、高尾山分屯基地所属の自転車アクロバットチーム「高尾山レッドクラブ」のよる編隊走行も見どころだ!

>>>春のお出かけに知っておきたいは紫外線対策はコチラ(^^♪

【参考】2015年のプログラム

2016年のプログラムは現在発表されていないため、2015年のプログラムを参考として紹介します。

09:00~ オープニングフライト(YS-11、C-1、T-400)
09:30~09:50 編隊飛行(T-400)
09:50~10:20 物量投下、空挺降下(YS-11、C-1)
10:25~10:55 機動飛行(F-15、F-2) 
10:55~11:05 飛行展示(CH-47) 
11:05~11:15 海上保安庁美保基地ヘリコプター救難展示
12:55~14:05 ブルーインパルス展示飛行
<地上展示> 09:00~15:00
航空機展示:UH-60J、C-130H、U-4、T-7、T-400、YS-11、CH-47J、U-125、T-4、C-1(機内開放)

陸上自衛隊:AH-1
海上自衛隊:P-3C、MH-53E
海上保安庁:DHC-8-300

<イベント> 9:00~15:00

09:00~14:00 スタンプラリー
09:00~14:30 SL日本海
09:00~09:30 航空学生ファンシードリル
09:00~11:00 ブルーインパルスサイン会
10:00~13:00 管制塔見学(※整理券必要)
11:30~12:00 航空学生ファンシードリル

消防展示、C-1機内開放、装備品展示、空挺団展示、広報展示ブース、陸上自衛隊車両展示、救命装備品展示、野点・邦楽、基地資料館開放、基地売店・グッズ・飲食など


スポンサードリンク

航空祭への持ち物リストは?

航空祭を楽しむためには、事前の準備が必要です。
ここでは、航空祭に参加するときに役立つ、持ち物をご紹介します。

必須グッズ

  • 日焼け止め
    美保基地航空祭の時期は、真夏ほどの日光ではありませんが、基地内はとにかく日陰が少ないので日焼け対策はしっかりしておきましょう。

    日焼け止めを塗っても日焼けします。しかし、塗っておかないと酷い火傷になってしまいますので気をつけましょう。

  • >>>春のお出かけ必須!?知っておきたいは紫外線対策はコチラ(^^♪

  • 防寒具
    基地内は風邪などが強い場合もあります。まだまだ肌寒い季節でもありますので、羽織れるものを持っていきましょう。
  • 軽食
    飛行展示や地上展示などを中心に回りたい方は、売店に並んでいる時間が非常にもったいないので、事前にコンビニなどで買っておきましょう。
  • 飲み物
    少しかさばりますが、保温機能のついた水筒を持っていくと非常に重宝します。夏は冷たいもの、冬は暖かいものをがあると非常に助かります。
  • タオル
    夏は汗を拭くため、冬は寒いときのマフラー代わりになります。突然の雨にも数枚持っていれば重宝します。
  • 帽子
    基地内は日陰か非常に少ないため、ツバの大きい帽子などがおすすめです。
  • カメラ
    航空祭の醍醐味は、普段見ることが出来ない戦闘機をカメラに収めることですね。予備のバッテリーや記録メディアを忘れずに持っていきましょう。

便利グッズ

  • 着替え
    夏場など汗のかいた服を着替えるのに便利です。制汗スプレーなどは持ち込み禁止の場合もあるので気をつけましょう。
  • 公共交通機関で参加する場合は、汗臭いまま電車やバスに乗るのは周りの人に迷惑が掛かるので避けましょう。

  • ポンチョ
    混雑した会場では傘をさすのはNGです。
    急な雨などにカメラ機材や荷物を守るのにも役立ちます。
  • 耳栓
    ジェット機の爆音や、模擬戦の爆発音などはすさまじいので慣れていない人は耳栓があると助かります。
  • クリアファイル
    パンフレットや、パイロットのサインを汚したくない人は持っていきましょう。
  • 小型の折り畳み椅子
    ロープ際を確保した場合、後ろの人のために座るのがマナーですが、長時間地べたに座っているのも辛いものです。また、チョットした休憩をするときにも重宝します。

美保基地航空祭2016年 駐車場情報は?

美保基地は、交通アクセスが多いのも特徴です。

また、基地内には駐輪場も用意されていますので、自転車やバイクなどでの来場も可能です。

2016年から駐車場の位置が変更になりましたので、ご注意ください。2016年は、2か所設置されます。

基地南駐車場
場所:航空自衛隊 美保基地 南側
時間:07:00~イベント終了まで(14:00以降の入場はできません。)

基地南駐車場からは、シャトルバス(往復500円 ただし小学生以下無料)での移動になります。
※基地南駐車場へは、県道43号線を米子方面から入場してください。

431沿い駐車場
場所:産業道路(431号線)沿い
時間:時間:07:00~イベント終了まで(14:00以降の入場はできません。)
※基地南駐車場へは、産業道路431号線を米子方面から入場してください。
※431沿い駐車場から、会場までは徒歩になります。

どちらの駐車場も米子方面からの進入(左折入場)しかできませんの注意しましょう。

境港方面からは進入できませんので、気をつけてくださいね。

美保基地2016 駐車場

出典:航空自衛隊HP (http://www.mod.go.jp/asdf/miho/28parking.pdf)

>>>美保基地航空祭の詳しい駐車場情報はコチラ!!

渋滞を回避するには?

航空祭当日の基地周辺道路は大変混雑します。駐車場に停めれるとしても時間がかかってしまい、「オープニングフライト」に間に合わない!なんてことに…^^;

もし、基地周辺の渋滞・混雑を回避したい場合は、

JR「境港駅」周辺の臨時駐車場(無料)
JR「米子駅」周辺の駐車場(有料)

に車を停めて、JR境線「米子空港駅」または「中浜駅」まで、電車で移動されることをオススメします

米子駅前地下駐車場
営業時間:05:00~24:00
※24:00~05:00は入出庫できません。
駐車台数:150台
料金:
100円/1時間(05:00~08:00)
100円/30分(08:00~18:00)
100円/1時間(18:00~24:00)
入場から30分以内は無料です。
また、24時間ごとの上限は、1,500円です。

美保基地航空祭2016年 ブルーインパルスは飛ぶの?

航空自衛隊が開催する「航空祭」での目玉がブルーインパルスの展示飛行です。

美保基地航空祭では、2013年から2015年の3年間は、ブルーインパルスの展示飛行がありました。

2016年の美保基地航空祭では、現在のとこと飛行展示の予定は未定となっています。

ですが、3年連続ブルーインパルスの飛行展示が予定されているため、2016年も米子の空にブルーインパルスの華麗な展示飛行が行われることを期待しています!!

美保基地はかなり広いため、正門からブルーインパルスの展示機まで距離がありますので、スニーカーなど歩きやすい靴で行くことをオススメします。

また、滑走路は昼過ぎまでは逆光ですが、ブルーインパルスの展示飛行が行われる時間帯には順光になりますので、撮影しやすい場所を早めに確保するのがオススメですよ♪

【追加情報】ブルーインパルスの飛行展示が開催決定!?

航空自衛隊HPでは正式に発表されていませんが、美保基地航空祭では、ブルーインパルスの展示飛行が予定されています(*´▽`*)

2013年から続くブルーインパルスの飛行展示は、恒例になりつつあるのでしょうか?嬉しいですね!!

5月29日は、ブルーインパルスが大空に舞う美保基地航空祭に行きましょう(^^♪

まとめ

美保基地は、交通アクセスも良く航空自衛隊の中でも行きやすいため、毎年約6万人もの人(境港市の人口の約2倍)が来場する航空祭です。

携帯電話なども繋がりにくくなる可能性がありますので、小さいお子様を連れていく場合は、「迷子カード」などを持たせておくことをオススメします。

また、待ち合わせ場所なども予め決めておくとよいでしょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ