小松基地航空祭2016年の日程は?駐車場情報や楽しみ方をご紹介!

小松基地航空祭

毎年、多くの来場者を集める航空自衛隊 小松基地の航空祭が2016年も開催されます!

人気のブルーインパルスはもちろん、F-15J、F-15DJの飛行に加え、小松救援隊の落下傘降下なども見どころの一つです。

普段あまり目にすることのない戦闘機の迫力とスピードを感じることが出来るイベントです。

今回は、小松基地航空祭2016年の日程や駐車場情報&楽しみ方を紹介します。

スポンサードリンク

小松基地航空祭2016年の日程は?

●日程:2016年9月19日(月・祝日)
※雨天決行

●時間:07:45~15:30

●場所:航空自衛隊 小松基地

●住所:〒923-8586 石川県小松市向本折町戊267

●お問合せ:0761-22-2101

●公式HP:http://www.mod.go.jp/asdf/komatsu/

小松基地航空祭の駐車場情報は?

毎年、農道や付近の道路へ路上駐車をする人が多くいますが、禁止されています。
みんなが楽しみにしているイベントですので自分勝手な行動はやめましょう!

シャトルバス(有料・500円)が運航していますが、例年乗車まで非常に混雑し1時間以上並ぶのが当たり前になります。
道が非常に混雑しているためシャトルバスも定刻通り進まないこともあるため、毎年オープニングフライトに間に合わない人も出てます。

時間によっては、駐車場から徒歩で向かう方が早いかもしれません。

折り畳み自転車などがあれば、基地の臨時駐輪場を利用するのが1番のおすすめです。

臨時駐車場(05:00~)
串工業団地側臨時駐車場
約3500台の駐車スペースがあります。鉄工団地と比べてると、それほど渋滞せずに駐車できます。国道8号線からはこちらのほうが近いです。
>>>串工業団地側臨時駐車場の場所はコチラ

西側鉄工団地臨時駐車場
約1500台の駐車スペースがあります。朝5時半時点で、小松空港から2km以上の渋滞となります。高速道路を利用しない方は、こちらの駐車場はおすすめしません。
>>>西側鉄工団地臨時駐車場の場所はコチラ

小松駅周辺の有料駐車場
24時間営業で1日の上限1000円程度の駐車場もあるため、時間を気にせず航空祭を楽しめます。
>>>小松駅周辺の有料駐車場の周辺駐車場はコチラ

小松駅から小松基地までは3.6㎞ありますので、体力と時間がある場合は徒歩で、数人いるならタクシーで行けるところまで行き徒歩でと言うのがおすすめです。


スポンサードリンク

小松基地航空祭の楽しみ方は?

小松基地には第303飛行隊(通称:ファイティングドラゴン)と第306飛行隊(通称:ゴールデンイーグルス)の2飛行隊が所属し、主力戦闘機F-15イーグルが40機配置されて、航空祭ではF-15が超絶テクニックを披露するとして、毎年には13万人(小松市の人口を超える)もの人が来場するイベントなんです!!

小松基地航空祭のスケジュールは?

【6空団】
07:45~08:30 オープニング飛行
08:55~09:30 機動飛行
09:55~11:05 編隊飛行
【救難隊】
09:30~10:20 救難展示
【その他部隊】
10:45~11:00 F-2 訓練展示
11:00~12:20 グライダー
12:35~13:00 ブルーインパルス・ウォークダウン
13:00~13:50 ブルーインパルス・飛行
主な催し
11:40~12:30 中部航空音楽隊演奏 (2格) ※雨天時 9:00~9:30
09:40~11:40 獅子舞・太鼓など (2格)

特産品ブース (1格)
装備品展示 (3格)
車両等展示 (3格東側)
グライダー展示 (補給倉庫前)

08:00~13:00 紙飛行機大会 (補給倉庫)※無くなり次第終了
08:00~14:45 花自動車 (エプロン地区東側)
11:00~12:00 モデル撮影会 (エプロン西)
11:00~12:30 祝賀会(体育館)

小松基地航空祭2015スケジュール※クリックすると大きく表示されます。

主な見どころ

開始直後07:45~オープニングイベントとして、小松基地に配置されているF-15による編隊飛行から始まります!

トップパイロット6名による低速で幅3m程度の感覚で編隊飛行するのは高度なテクニックは圧巻です!

航空祭では、基本的に観覧エリアの上空は飛行し無いため、空港デッキを中心に旋回をしますので、戦闘機の背中(機体上面)をカメラに押さえたいなら空港デッキや、空港駐車場、RW24エンドなどが撮影ポイントになります。

花自動車に乗って航空機が並んだ禁止エリアを1周するのも航空祭ならではですので、是非乗車してください。

やはり、ブルーインパルスのパイロットのウォークダウン編隊飛行アクロバット飛行は見なければ損します!!

他にも見どころは盛りだくさんありますので、9月19日は小松基地はへ!!

小松基地航空祭 事前飛行訓練もおすすめ!?

小松基地航空祭の開催前日には、航空祭当日に向けた事前の飛行訓練が行われます。
航空祭当日は、物凄い人、人、人ですので、事前に行われる本番さながらの飛行訓練はゆっくり見たい方にはおすすめです。

小松基地航空祭 事前訓練飛行の日程は?

2016年の小松基地航空祭の事前飛行訓練は現在のところ発表されていないので、2015年の事前飛行訓練の予定をご紹介します!

  • 9月7日(月)9月9日(水)(雨天の場合は予備日に変更。予備日は10日、11日)
    小松基地所属機による編隊航過飛行(F-15・4機)、編隊飛行(F-15・8機)、機動飛行Ⅰ・Ⅱ(F-15・2機)を見ることが出来ます。
  • 9月14日(月)9月17日(木)(雨天の場合は予備日に変更。予備日は15日、16日、18日)
    ブルーインパルスの展示飛行以外の本番プログラムを見ることが出来ます。
    また、航空祭当日では見ることの出来ない【慰霊飛行(F-15・4機)】も見ることが出来ます。
  • 9月20日(日)
    この日は、「小松基地 基地追悼式」が行われます。
    ブルーインパルス(T-4・6機)による展示飛行と慰霊飛行を見ることが出来ます。

ブルーインパルスをゆっくり見たい方は、9月20日(日)がおすすめです。

事前飛行訓練※クリックすると大きく表示されます。

まとめ

毎年非常に多くの人が来場する小松基地航空祭。

朝は早くから、駐車場と場所の確保を行うのが間近で戦闘機を楽しめる秘訣ですが、その分帰りは渋滞に巻き込まれることは覚悟しましょう!!

大丈夫です!おつりが出るぐらい楽しめるイベントです!!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ