お米1合は何グラムなの?お茶碗何人分あるの?何カロリーあるの?

お米1合は何g?

春は新生活の季節でもあり、一人暮らしを始める方も多くいらっしゃいます。
新生活を始めるうえで、慣れない自炊を始める方も多く、ご飯の量をどれぐらい炊けば良いか悩まれる方も多いのではないでしょうか?

今回は、「お米1合ってどれぐらいの量なの?」など素朴な疑問についてご紹介します。
また、併せて「お米1合は何人分なの?」「気になるカロリーは?」などの疑問にについてもご紹介します。

スポンサードリンク

お米1合は何グラムなの?

ご飯は炊きたてが美味しいので、できれば翌日に持ち越すことなく炊きたてのご飯を食べきりたいものです。

でも、ご飯は1合とか1升などの単位で表されるので、慣れないうちはどれぐらい炊けばいいのか判断が難しいものです。

安心して下さい。お米1合のグラム数や、水の量、炊きあがりの量などがわかればとても簡単ですよ(^^♪

では、わかりやすくご説明させてもらいますね^^

お米1合の量(グラム)は、

お米1合=約150g=約180ml
※お米の種類(玄米や胚芽米など)によって重さは異なります。
になります。

因みにお米の単位と量は下記のようになります。

  • お米1升(しょう)の量
    1升=10合=150g×10=1500g=1.5Kg
  • お米1斗(と)の量
    1斗=10升=1.5Kg×10=15Kg
  • お米1俵(ひょう)の量
    1俵=4斗=15Kg×4=60Kg
    ※ニュースなどに出てくる米俵のことです。
  • お米1石(こく)の量
    1石=10斗=15Kg×10=150Kg
    ※戦国時代に言われる「○万石の大名」などの「石」とは簡単に言うと「○万石」ぐらいの収穫がある領地の大名という意味です。

になります。

「合」という単位は、お米やお酒などの体積を量る単位として使われます。お米の場合は、大体1食分の量とされることが多いです。

「合」は体積を量り、「g(グラム)」は重さを量りますので、「合」を「g」に換算する場合は、量るもの(お米やお酒など)の比重や温度によって重さが変わります。
お米の場合は、米粒同士の間に隙間ができるので、液体に比べて軽くなります。

また、「合」は10分の1という意味もあり、山の高さを表す場合にも使われます。山の高さを表す場合は、山の頂上を10合とし、10等分した高さを1合とする。つまり5合目は、山の真ん中あたりのことを指します。

お米1合に対して水の量はどれぐらい?

お米を炊くときは、水の量によって炊き上がりが柔らかかったり、固かったりしてしまいます。「美味しいお米を炊くには、水の量はどうすればいいの?」なんて疑問をお持ちの方も多くいらっしゃいます。

ご飯を美味しく炊くには、お米1合に対して180mlのお水が基本となります。

お米1合=150g=180ml に対して、お水=180ml
になりますので、美味しいお米を炊くためには、同じ容器で、
お米:お水=1:1
の割合でお米を炊くのが基本になります。

因みに、お米の浸水後のグラム数は、約200gです。※浸水1時間 気温やお米の種類によって異なります。

スポンサードリンク

個人的には、炊飯器のメモリではお水が多すぎると感じるので、お家でご飯を炊くときはいつもこの要領で炊くようにしてます♪
炊きあがりのご飯も安定しますので、いつも美味しいご飯を頂いてます^^

お米1合はお茶碗何人分?

お米の炊く前の量は上記でご紹介した通りですが、「お米炊く前の量よりも、炊いた後のご飯の量がわからないと、何人分炊けるのかわからないよ(;;)」と嘆かれる方もいるのではないでしょうか?

確かに、炊きたてのご飯を食べきるためには、炊き上がりの量がわからないと意味がありませんね。

お米1合を炊くと、ご飯の量はお米の約2.2~2.3倍になると言われています。
ですので、ご飯1合の量は

お米1合=150g×約2.3倍=約350g
※水加減などによって異なる場合があります。
になります。

一般的に、ご飯1人前は、約150g~180gと言われていますので、お米1合を炊くと、お茶碗(中ぐらいのサイズ)で約2杯分となります。
※ご飯を食べる量は、人それぞれ異なりますので食べきれる量を計算してお米を炊くことをおすすめします。

お米1合以下で炊く方法は?

一人暮らしの場合、お米1合を炊いてしまうと多すぎることもあります。ですので、1合以下でお米炊きたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お米を1合以下で炊く場合の目安をご紹介しますね。

上記で【同じ容器で お米:水=1:1】とご紹介しましたが、お米をグラムで計った場合のお水の量の目安がわかりませんね。

お米1合=150g お水=180mlがご飯を炊くときの基本です。

ですので、お米の量に対して、お水の量は約1.2倍になります。

例:お米0.5合を炊く場合

お米0.5合=75g
お水=75g×1.2倍=90ml
炊きあがりの量=75g×約2.3倍=約173g

になります。

炊飯器で炊く場合は、お米の量が少なすぎるとベチャつく可能性がありますのであまりおすすめしません。
炊きたては食べれませんが、お米1合を炊いて、半分をすぐに冷凍させる方がおすすめです。

お米1合は何カロリーは?

最近は、ダイエット思考も高まっているため、自分が食べるもののカロリーを気にされる方も多くなっています。(←私が気にしているだけかも…^^;)
そこで、じぶんが食べるもののカロリーが気になる方に、お米1合のカロリーをご紹介します。

お米(炊飯前)100gのカロリーは、【356kcal】とされています。

ですので、お米1合のカロリーは

お米1合=150g=356kcal×1.5倍=534kcal
となります。

ただし、上記はお米(炊飯前)のカロリーであって、ご飯(炊飯後)のカロリーではありません。

ご飯(炊飯後)100gのカロリーは、【168kcal】とされています。

ですので、ご飯1合のカロリーは、

ご飯(炊飯後)1合=約350g=168kcal×3.5倍=588kcal
となります。
お米(炊飯前)とご飯(炊飯後)では、【54kcal】の差が出ますので、カロリーを計算するときは、お米(炊飯前)のカロリーではなく、ご飯(炊飯後)のカロリーで行うようにして下さいね。

まとめ

如何でしたか?

お米のことが少しは分っていただけたでしょうか?毎日食べるとこが多い【お米】ですので、美味しく健康的に食べられれば嬉しいです^^

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ